ONOD家 へいへいまーのブログ

こども4人に囲まれて~暑苦しくも愛しき子育ての日々~

熊の白内障の手術成功!ラジオニュースに釘づけになった話

こんにちは。小学生の子どもが4人おります、ONOD家へいへいまーです。


連休に出かけました!

帰りもだいぶ遅くなった車中、

米津玄師も何度も聴いて疲れたので、

久しぶりにFMラジオを聴いてましたら、

このニュースが!


twinavi.jp

良かったといいますか、切ないといいますか

なんとも気持ちが揺さぶられまして...

紹介させて下さいね。



白内障の手術をしたツキノワグマ


f:id:heiheima:20181104232846j:plain


名前はね、「ノビタ」っていいます。


これまでの「ノビタ」


ノビタは北海道のクマ牧場で飼育されています。


白内障のために10歳のときに視力を失ってしまったとのこと。


そのために、一般に公開されず

施設の中で飼育されていたようです。


なんか切ないねぇ、と率直に思っちゃったわけです。


でも、きっと野生ならエサを自分で見つけることができないし、

生きていくのは難しかったに違いないね。


みんなにお世話してもらって、見えないノビタは20歳になったのです。



手術をうけた「ノビタ」


今年の夏、牧場と大学の共同で手術は行われたそうです。


手術は無事成功!


ノビタは10年ぶりに視力を取り戻したのです!


現在、合併症もなく順調で、エサをすぐ見つけることができたり、

飼育員さんを目で追ったりしているとのこと。


世界的にもこれまで報告例がないんですって。


見えるようになって良かった!ノビタ!
f:id:heiheima:20181104232843j:plain

さいごに


飼育しているクマ牧場は、

「ノビタが元気な姿をみせるようになってうれしい。」 と言っています。


そうですよねぇ。

見えないノビタのお世話をずっとしていて、

病気で見えなくなってしまったことを一番心配してたのは

きっと飼育されてる方々だったでしょうから!


なんだか素直に「いい話ね。」と思ったニュースなのでした。


ちなみにここのクマ牧場には、

同じく白内障のヒグマもいるそう。

治療を検討しているみたいです。


牧場の方々、飼育、お疲れ様です!



最後まで読んでいただきありがとうございます。


今後ともどうぞよろしくお付き合い下さいませ。